ホーム > 信越創価学会ニュース > 会合・行事

信越創価学会ニュース

  • 「会合・行事」に関する一覧

佐渡で塚原問答745周年を記念する青年主張大会が開催

塚原問答745周年を記念する青年主張大会が11日、佐渡平和会館で開催されました。当日は、30人を超える友人も参加し、にぎやかに行われ、「新風~新たなる人生航路への挑戦~」とテーマを掲げた集いでは、青年の代表から「佐渡の地から、世界平和の新たな風を起こしていきます」との決意が語られ、続いて、少年少女部や未来部の代表約50人による合唱団が歌を披露。この日のために結成された合唱団は、壮年・婦人部の未来本部長が中心となり、「一人一人が後継の人材に」との思いを込めて練習を重ね、笑顔あふれる希望の歌声に、参加者から惜しみない拍手が送られました。
体験主張では、創価女子短期大学を卒業後、社会人として悪戦苦闘しながらも、題目第一で前進する様子を女子部の友が語り、青年部有志が、後継の誓いを込めて、池田先生の長編詩「青年よ21世紀の広布の山を登れ」を朗読。
竹岡青年部長は、講演で「信心で生命を磨き、自身の無限の可能性を引き出していこう」と友を励ましました。
佐渡主張大会.JPG

各地で新年勤行会が開催

「世界広布新時代 青年拡大の年」開幕となる元旦、長野・新潟の各地で新年勤行会が開催されました。
アルプス栄光圏の友は安曇野会館に集い(写真)、勤行の後、青年部・久保田さんより弘教拡大の先頭に立つ意気込みを発表。
続いて女子部・太田さんは新年の御書を拝読し、仲の良い華陽姉妹の連帯を大きく広げる抱負を述べました。
また、青年部・中村さんが記念のサックス演奏を披露。
皆で、「師匠の言葉を心に刻みながら、目の前の一人のために大きく行動していく一年に」と、決意の集いとなりました。
201701安曇野会館.JPG


牧口記念墓地公園起工式

牧口記念墓地公園起工式を開催
20160721柏崎牧口墓園起工式.JPG
このほど、全国で15番目となる「牧口記念墓地公園」(仮称)が、新潟県柏崎市に建設されることが決定し、
2019年秋の開園へ向け、21日、柏崎牧口記念会館で起工式が執り行われました。
牧口常三郎初代会長の生誕の地となる柏崎に、創価三代の師弟に連なる尊き同志を三世永遠に顕彰するために
建設される墓地公園に大きな歓びが広がっています。



3.16「広宣流布記念の日」を目指し大会

3月13日(日) 3.16「広宣流布記念の日」を目指し、新潟県、長野県の男子部・学生部が大会を開催。
新潟県の「総新潟男子青年部大会」では、若き青年の熱で作り上げられた男子部・学生部による「群読」・「合唱」・「ダンス」を披露。
長野県の「総長野男子部総会」では、次代を担うリーダーたちが、「岡谷勇舞太鼓」「合唱」「ダンス」で拡大の情熱を響かせた。
フィナーレでは新潟県歌「雪山の道」、長野県歌「信濃の歌」の大合唱が歓喜の中、歌い上げられた。
新潟男子青年大会.jpg0C5A0410.JPGのサムネール画像


各地で婦人部が躍進の集い

HP茅野圏②.jpg茅野圏で支部婦人部長会

【長野】
 2・27「長野女性の日」を目指し、励ましの対話を地域で広げてきた総長野婦人部。各地で躍進を誓い合う集いが行われました。
 このうち、
長野第5総県・茅野圏では「世界広布新時代・茅野圏支部婦人部長会」が先月、諏訪文化会館で開催されました(6日、写真)。
 集いでは、参加者全員が今後の決意を発表。ある代表のメンバーは、真心の対話を重ねる中で友人を入会に導いた喜びを報告しました。
 早川明美圏婦人部長のあいさつに続き、矢島総長野婦人部長は「大白蓮華」1月号を通して、研修を行いました。

晴れやかに新年勤行会

TOP辰野会館.jpg 「世界広布新時代 開幕の年」がスタート!――晴れやかに新年を迎えた1・2日を中心に、県内各地で新年勤行会が行われた。
 このうち、1日の長野・辰野会館の勤行会には、伊北圏の同志をはじめ、県内外の友が意気軒高に集った。
 全員で勤行・唱題。池田名誉会長からのメッセージの紹介に続き、女子部の代表が新年の御書を拝読。「師弟不二の祈りと、異体同心の団結で、"生涯不退転"の絆を強めていきます」と決意を披歴した。
 熊谷副総長野長は、「一人一人が実力をつけて成長することが、世界広布に大きくつながる」と強調。
 長野第4総県の切久保副総県長が、「師匠と呼吸を合わせ、わが地域に、学会理解の輪を広げゆく一年に」とあいさつした。
 この日に入会したブラジル出身のドスサントス・オズワルド・ロペスさんは、「みなさんと一緒に頑張ります」と、人間革命への意気込みを、力強く語っていた。

松本南文化会館 開館1周年記念の集い

松本南文化会館1.jpg【長野】昨年9月に落成した松本南文化会館で、開館1周年を記念する勤行会が開かれ、松本南圏の友が意気高く集いました(9月10日、写真)。
 これには、池田名誉会長がメッセージを贈り、広布の宝城と共に地域広布に進む同志を激励。
 会合では、髙橋総長野長があいさつした後、婦人部の代表が信仰体験を発表を。
 青年部のリーダーが躍進する決意を披歴。
 設楽圏長、小山圏婦人部長は、さらなる人材城の拡大を呼び掛けました。    
 長谷川副理事長は、「冬は必ず春となる」(御書1253㌻)の御聖訓を拝して、負けない勇気が幸福を築くと指導。人のため、社会のために行動することを、最高の喜びにしながら、生涯、学会と共に勝利の人生を、とあいさつしました。

聖教新聞愛読者大会を開催

愛読者大会.jpg  聖教新聞の愛読者大会が14日、新潟平和会館で行われました(写真)。
 聖教新聞新潟支局の川瀬支局長のあいさつに続き、西圏婦人部の白鳥合唱団がコーラスを披露。
 聖教本社の天河義孝記者が「東北復興 記者が見た人間福光の力」と題して講演を。
 大震災以降、東北で出あった人々のドラマを通し、苦闘を乗り越え、なおも友を励まし続ける創価の人間主義の生き方を紹介。「聖教を世界一の新聞に、との自覚に燃え、さらに紙面の充実を図っていきます」と語りました。
 最後に、第1新潟総県西圏の藤田圏長があいさつしました。

男子部の人材グループが入卒式

2013-2-3牙城会大学校.jpg 会館の警備にあたる男子部の人材グループ・牙城会新世紀大学校の第12期、13期の入卒式が2月3日、松本平和会館で開催されました(写真)。
 荒井総長野大学校事務局長が、「師弟の絆強き牙城会として、全員が折伏に挑戦を」とあいさつ。中谷総長野委員長は、「他者を救い、自身も幸福になっていく広布の戦いを起こしていこう」と語りました。
 高原牙城会大学校事務局長は、「勇気を出し、一人でも多くの友人にこの仏法を語り抜こう」激励しました。
 また同日、行事運営をつかさどる男子部の人材グループ・創価班大学校の第36期、37期の入卒式も松本平和会館で行われ、島田総長野男子部長が激励しました。 

新潟・長野で婦人部本部長会

2013-02-01 婦人部本部長会-長野平和.jpg 新潟・長野の両県でそれぞれ婦人部本部長会が開かれ、杉本婦人部長が激励に駆け付けました。
 
総長野婦人部は2月1日、松本平和会館と長野平和会館で開催されました(写真は長野平和会館)。
 総新潟婦人部の第1、第3新潟総県の本部長会は同2日、新潟池田文化会館で開かれました。五十嵐総新潟婦人部長が、「青年を支え、励ましながら、私たちの人間革命の挑戦で、壁を破る2月にしていこう」とあいさつしました。
 清水信越婦人部長の後、杉本婦人部長は懇談的に参加者を激励。「毎日毎日、同志を励まし、友と語り、広布拡大に走り抜こう」と語りました。

ページ | 1 | 2 | 3 | 4 | |

「牧口常三郎」特集

  • 創価学会初代会長「牧口常三郎」の不滅の足跡をご紹介します。

  • 信越創価学会について

    私たち信越創価学会の日ごろの活動の一端をご紹介します。

  • 施設案内

    会館の情報、及びアクセス方法を掲載。研修道場もご紹介しています。

  • リンク集

    全国から世界まで、創価学会WEBサイトをはじめ、関連サイトをご紹介。