ホーム > 信越創価学会ニュース > 展示活動 > 飯田市で創価芸術展(10/27~11/4)

信越創価学会ニュース

  • 「展示活動」

飯田市で創価芸術展(10/27~11/4)

HP用会合創芸展(テープカット).jpg 第23回「創価芸術展」の信越展(長野展)が10月24日、飯田市内で開幕した(写真)。
 創価一貫教育に学ぶ友の絵画、書、陶芸、写真など365点を紹介。
 開幕式では、創価大学の小川理事があいさつ。 来賓の清水信越長の後、創価学園の長谷川理事長は、「芸術を通じて人の心と心をつなぐことができれば幸いです」と語った。

 展示には4500人を超える来場者が訪れ、大盛況のうちに閉幕した。
 来場者からは、「純粋な子ども達の平和を求める心が伝わってきて、本当に感動しました」などの声が寄せられた。


「牧口常三郎」特集

  • 創価学会初代会長「牧口常三郎」の不滅の足跡をご紹介します。

  • 信越創価学会について

    私たち信越創価学会の日ごろの活動の一端をご紹介します。

  • 施設案内

    会館の情報、及びアクセス方法を掲載。研修道場もご紹介しています。

  • リンク集

    全国から世界まで、創価学会WEBサイトをはじめ、関連サイトをご紹介。