ホーム > 信越創価学会ニュース > お知らせ > 北京・故宮博物院展 長岡市で7/3から

信越創価学会ニュース

  • 「お知らせ」

北京・故宮博物院展 長岡市で7/3から

故宮展.jpg「日中国交正常化40周年記念 地上の天宮 北京・故宮博物院展」(主催:故宮博物院展実行委員会、新潟県立近代美術館、新潟日報社、BSN新潟放送。企画:東京富士美術館)が7月3日(火)から8月5日(日)に新潟県立近代美術館で開催されます。北京・故宮博物院は、かつて紫禁城と呼ばれ、中国を統治した明・清王朝の歴代皇帝のうち24人の皇帝が居住した世界最大規模の宮殿です。約180万点にのぼる膨大な所蔵作品をもつ北京・故宮博物院から、后妃や宮女など故宮に生きた女性たちの知られざる波瀾万丈の生涯とそのまなざしをテーマに、絵画、工芸、服飾、宝飾などの国家一級文物を含む名品約200点を通して、華麗なる中国宮廷文化の精髄を紹介します。特別出品として儒教思想に基づく女性の徳と教育を描いた秘蔵の南宋時代の名画《女孝経図》巻を海外初公開するほか、西太后をはじめ皇后や皇妃たちが用いた豪華な食器による清朝宮廷食卓の再現も初の試みとなっています。

 

【期間】 7月3日(火)から8月5日(日) 

※7月9日(月)、17日(火)、23日(月)は休館

 

【開館時間】 9時から17時(観覧券の販売は16時30分まで)

 

【観覧料】 当日一般 1100円(前売り900円)

       当日大学・高校生 800円(前売り600円)

       中学生以下無料 ※障害者手帳をお持ちの方は無料

 

【会場】 新潟県立近代美術館

       〒940-2083 新潟県長岡市千秋3丁目278-14

       TEL:0258-28-4111

 

【参考】

     東京富士美術館で開催された北京・故宮博物院展の様子


「牧口常三郎」特集

  • 創価学会初代会長「牧口常三郎」の不滅の足跡をご紹介します。

  • 信越創価学会について

    私たち信越創価学会の日ごろの活動の一端をご紹介します。

  • 施設案内

    会館の情報、及びアクセス方法を掲載。研修道場もご紹介しています。

  • リンク集

    全国から世界まで、創価学会WEBサイトをはじめ、関連サイトをご紹介。